Art and Face

アートの輝きを見つけるブログ

新作油彩

亀より遅く制作が進んでいるわけですが、新作ができました。 最初は、森のなかに孔雀とライオンがいるという絵を描いていたのに、いつの間にか生き物なのか現象なのか分からないものを描いていました。 意志があるものを描こうとすると、途中でなんかしっく…

旭山市旭山動物園

この秋、念願だった旭山動物園に足を運びました。旭山動物園では、職員の皆さんが常に「動物と人間は同じ世界の生き物であり、共存していきていかなければいけない」ということを繰返しお話ししてくれ、プロフェッショナルさを感じました。 旭山動物園の展示…

イラン ミーリー絨緞✖大磯世代工房 くらしに活きる織物の美

10月24日(日)、大磯世代工房の企画展 「くらしに活きる織物の美」を拝見してきました。 大磯世代工房はこのブログでも過去に紹介している象鯨美術学院の西村浩幸先生の工房です。象鯨美術学院と併設しています。 過去記事→http://tkhskor.hatenablog.jp/entr…

「考えは言葉になり」 最近思考したこと

涼しくなってきた今日この頃、秋の虫の声も聞こえるようになりました。 三連休は映画を見て過ごしています。 数本の映画を鑑賞しましたが、その中で『マーガレット•サッチャー 鉄の女の涙』でサッチャー首相の名言を知ることができました。 「考えは言葉とな…

地味に作品サイトを更新

tkhskor Official Website 地味に2016の絵を更新。亀よりのろく制作中。以前は円を描くように挑戦していたけど、最近は線を描くように挑戦中。

東京駅にて「12 Rooms 12 Artists UBSアート・コレクション」を見に行きました

先日、東京駅内にある、東京ステーションギャラリーに行きました。 入場料は1000円、少し高めですね。900円ぐらいにして欲しいと思います。 宣伝ポスターが「ルシアン・フロイド」。 ルシアン・フロイドはよく書店の画集等では、見かけますが本物を見たの…

国立西洋美術館 カラヴァッジョ展(CARAVAGGIO)ルネサンスを超えた男 感想

日伊国交樹立150周年記念のおかげででカラヴァッジョを見れました! 2016年4月23日(土)に上野の国立西洋美術館に「カラヴァッジョ展 ルネサンスを超えた男。」を鑑賞しにいきました。 上野駅に到着したのは、16時45分ごろ、土曜日だったので…

久しぶりにクロッキーしました

電車の中で久しぶりにクロッキーをしてみましたが、あまりに形がとれなくて、「腕がなまった」と落ち込みました。努力は続けないといけません。今日は買えったらやりかけの油絵に手をいれなくては。クロッキーに関していいますと就活のとき、デザイン会社の…

PRADOプラド美術館展スペイン宮廷美への情熱

東京丸の内の三菱一号館美術館へ、「PRADO プラド美術館 スペイン宮廷 美への情熱」を見てきました。 仕事でバテバテになり、休日がない上に、たまにある休日も寝て過ごしてしまうこの頃。 起きたのがお昼でしたがそのおかげで体が回復したので、ルネサンス…

こんなに近くにあるのに芸術は届いてなかった

極論または短絡的、感情的と感じる方もいると思います 私は今回のエンブレム騒動を受けて、毎日落ち込むわけだが、そうやっていろいろ自分で考えている中で、思ったことは「世間がこんなに美術に関心がないなんて…」ということだ。 著名な人のこの件のブログ…

私はいま悲しい。

私はいまとても悲しい。 こんなに悲しく落ち込むことはなかなかない。 最近はネットニュースを半日ごとにチェックしている、限界はあるがいろいろな人の記事を読む。 アートを愛するものとして、こんなに悲しかったことはない。 もちろんこれはオリンピック…

架菜梨案個展 Rendez vous sur l'Horizon (地平線で会いましょう) を見て

こんばんわ。 夜映画を見ながら、ブログを更新。 昨日は残暑の気配が美しい日でした。まだ秋の香りはまったくないですが、夏が終わる準備を始めているような気配を感じました。 そんなさなか、大学の友人2人と架菜梨案個展 Rendez vous sur l'Horizon (地平…

いろいろ展覧会といきましたが、その前に自分の絵画のサイトを更新しました。

自分の絵画のサイトを更新しました。 tkhskor Official Website 画質が悪いですが、もう少し画質をあげなくては…失敗した。

「絵画を抱きしめて」前期「絵画との出会い」(SHISEIDO GALLERY)をみて

画廊に行くまで 8月1日(土)、その日は朝から仕事で、猛暑のなか東京まで外出。夜には神奈川の至るところで開催される花火大会の一つに参加する予定でいました。 昼に仕事が一段落したものの、あまり時間もないなか「絵がみたい」と思いました。 とりあえず「…

fish京子ちゃんとは何者か? fish京子ちゃんプロジェクトを探ってみよう!

『fish京子ちゃんプロジェクト』(フィッシュ京子)とは…。ミニスカートのイタリア人系日本人のfish京子ちゃんとその子どもクララが反原発や食の安全などを訴える風刺マンガ『fish京子ちゃんKY劇場』(著:amigo 発行:株式会社 象鯨)が元になり、始まった…

ときの移り変わりを知ることで 現れる芸術性を追い求める 平川恒太さんに話を聞いて

Artist 平川恒太hirakawakouta 19歳のころから、数々の公募に入選し、多摩美術大学在学中には、すでにプロのアーティストとして活躍していた画家・平川恒太氏。歴史や社会の問題に真っ正面から向き合い、現代美術と絵画の架け橋とも言える作品を日々生み出…

象鯨美術学院代表/彫刻家 西村浩幸さん

自分だけの技術と感性を磨く芸術家の土台を作る 象鯨美術学院代表/彫刻家 西村浩幸さん プロの芸術家やデザイナーと出会える サロンのような予備校 象鯨美術学院を運営1985年に東京芸術大学卒業後、味わい豊かな彫刻作品を生み出し、数々のコンクールに入賞…

アーティストグループ 『すべては夏のために集合し、秋のために離散する』 『空き地/明き地』展

アーティストグループ『すべては夏のために集合し、秋のために離散する』(以下、「すべ夏」)は2014年3月8日(土)~3月23日(日)の期間、『アタミアートウィーク』の参加アーティストとして『空き地/明き地』展を開催。 『すべ夏』は、多摩美術…

アーティスト架菜梨案(かなりあ)

世界が“愛”に溢れているからArtist 架ka菜na梨ri案a 2011年多摩美術大学 絵画学科油画専攻卒業以降、『ZEN FOTO GALLERY』などで、作品発表を続けるアーティストの架菜梨案。 油絵を通じて、自身の周りに溢れている”愛”を表現しているとのこと。デビューから…

アートの話をするということ

こんにちは。 初めまして。これまで個人サイトを作ってましたが、自分でHTMLを組むと言う作業に悪戦苦闘し、更新もままならないために、はてなブログで公開することに踏み切りました。 美大の油絵学科を卒業したtkhskorです。 私が芸術に出会ったのは高校生…