Art and Face

アートの輝きを見つけるブログ

アートの話をするということ

f:id:tkhskor:20150725182801j:plain

 

 

こんにちは。

初めまして。これまで個人サイトを作ってましたが、自分でHTMLを組むと言う作業に悪戦苦闘し、更新もままならないために、はてなブログで公開することに踏み切りました。

美大の油絵学科を卒業したtkhskorです。

 

私が芸術に出会ったのは高校生のときです。

絵を描くのが、子どものころからまぁまぁ好きであった私は美術大学を目指すために画塾に通い始めたのです。

正直に言うと、今も昔も絵を描くのはそんなに得意じゃありません。ただ、取り柄がないなか小学生から漫画が好きで、なんだかそれを取り柄にしたがっていた、生意気な子どもだったのです。

希望では「絵がうまい人」のポディションをねらっていた私ですが、絵で賞など一度もとったことがありませんし、昔から下手くそで、みんなで漫画を描いて交換することになっても、私の絵だけ選ばれないで残ってしまう始末でした。

むしろ文学少女で、小説を読んでいる冊数だけは、人より飛び抜けていたので、大学に行くにしても文学を学ぶ大学のほうがしっくり来たと思います。

しかし「子どものころの夢」というのは「叶えないやつは負け組だ」みたいな思想が当時の私にはあり、せめて画塾の先生に「君には才能が無い無理だ」と言ってもらえたら、「漫画家、イラストレーター」という職業に諦めがつくだろうという理由で美大予備校である画塾へ。

 

そこで画家•彫刻家など、いわゆる芸術家という人に合いました。✳そこの予備校は、画家や彫刻家としても活躍してる方が講師でした。

それまで私は「画家」は歴史の中の人と思っていたので、現代でもいわゆる「画家」というものになりたい人が存在しているのが衝撃的でした。それほどアートに馴染みがなかったのです。

しかも、その予備校の先生は「才能がない」と言ってくれるどころか、めちゃくちゃデッサンを誉めてくれました。

 

そして、私は芸大を受験することに。それまで、難関大学に行けるやる気も可能性もなかった私にとって、芸大にいけるかもしれない!は取りあえず、魅力がありました。

そうしているうちに、「芸術とはこんなに分かりやすいのか」と思えるようになりました。

画家の先生が「これはかっこいいんだよ」「こんなのがいいんだよ」というのをよくわからないなりに、分かろうとした結果、絵画にはまった感じです。

絵画にはまった結果「漫画家イラストレーター」という職業よりも、「絵画を描きたいなぁ」という意志が強まりました。これは私の本質を大変豊かにしてくれた出来事でした。

 

この文章を読んでいるあなたは、ゴッホ、または北斎ダヴィンチなど、様々な画家たちをみて、大好きなロックバンドの音楽を聴いたのと同じ様な、または月9ドラマで感動したような、少年漫画を読んでうきうきするような、映画で泣く様な、それと同じ、またはそれ以上の感動を感じたことがあるでしょうか?

美術•芸術•アートと呼ばれているものたちは、古典であろうが現代であろうが、気軽な楽しさに溢れています。

それに気づくにはほんの少しの共感力と「芸術は私にも分かる」という感覚が必要です。

子どもから大人まで、美術は楽しむことができます。

たとえ現代美術が分け分からなくても、古典的な絵画がいかめしくても、アートは難しいものではありません。

むしろ映画や漫画、音楽などとまったく同じ魅力があります。

また芸術は、ほかのカルチャーと同じように作品をみるだけではなく、その作品を作った人自体にも魅力があることが多々あります。

有名だから、とか技術がすごいからと言う理由だけで、魅力が決まらないのも芸術のいい所だと私は思っています。

そんな芸術のお話を、たくさんの人たちに伝えたい。

ここはそんなブログです。

 

ちなみに私も画家みたいな端くれなので

絵を描いています。それは下記のページで発表中です。

tkhskor Official Website