Art and Face

アートの輝きを見つけるブログ

辻堂ART HOUSEクスクスで クリスマスオーナメント作る!

f:id:tkhskor:20181217205023j:plain

クリスマスオーナメントをアクリル絵の具と透明アクリル板と木製板で作成しました

12月半ばの日曜日、辻堂ART HOUSEクスクスで開催されたワークショップ「クリスマスオーナメントを作ろう」に参加してきました。参加者は私含め3名という贅沢な環境で制作させていただきました。

ちょうどクリスマスアイテムが欲しく、雑貨屋等を回っていたのでですが「これぞ!」いうものに巡り会えないでいました。そんなときにこのワークショップを知り、「気に入るクリスマスアイテムが見つからないなら自分で作ってしまおう!」と思いました。

ワークショップでは、アクリルの丸板と木製の丸板の2つにアクリル絵具を塗りオーナメントを作りました。

f:id:tkhskor:20181217204911j:plain

写真は制作途中のアクリルの丸板。透明なので、裏側から絵を描いていきます。 私はクリスマスリースをモチーフに作品を作っていきました。

f:id:tkhskor:20181217202743j:plain

完成したオーナメント。右が木製丸板、左がアクリル丸板です。木製も味わいのある作品にできました。

普段、「クリスマスをモチーフにする」と決めて絵を描くことがないため、とっても苦戦しましたが、最終的にはよい感じのオーナメントを作ることができました。

ヒモ部分も緑と赤の細糸3本を三つ編みにして作成。ずいぶん可愛くなりました。

f:id:tkhskor:20181217210316j:image

絵具が乾くのを待つ間に、アップルティーとクリスマスシュトーレンを振る舞っていただきました。ドイツの菓子パンであるシュトーレンはクリスマスには欠かせないパン。

いただいたシュトーレンには、花の種が練り込まれており、甘味の中に上品な香辛料の味わいがありました。

 

このワークショップは国内外で活躍するアーティストである瀬川裕美子さんが主催しており、年に数回開催されます。開催場所である辻堂ART HOUSEクスクスは彼女のアトリエでもあり、瀬川さんの作品に囲まれながらワークショップをすることができます。

昭和初期にタイムスリップしたような素敵なおうちです。

 

瀬川さんについては、WEBマガジン「たいせつじかん」にて、詳しく掲載されていましたので、下記にリンクを貼らせていただきます。

若いアーティストが才能をあきらめるなんて悲しい!「ART HOUSE クスクス」を運営する入澤日彩子さんと画家・瀬川祐美子さんのインタビュー | たいせつじかん

 

 

次回開催情報は辻堂ART HOUSE クスクスのFacebookをご確認ください。

https://www.facebook.com/arthouse.kuskus/

 



銀座で過ごす上質な時間「川合朋郎 個展 やがて来る朝」

 

f:id:tkhskor:20181201224815j:plain

展示の様子

12月上旬の土曜日、銀座のNICHE GALLERY で行われている「川合朋郎 個展 やがて来る朝」を見にいきました。

川合氏は、2003年に東京藝術大学 大学院美術研究科修了課程を最優秀で修了されたあと、静岡県の三島で精力的に作品制作を続けている画家です。

今まで、NICHE GALLERY で個展を9回、開催されてきたとのことですが、私はそのうち4〜5回ほど訪れて作品を拝見しています。

落ち着いた雰囲気と華やかさを持つ、NICHE GALLERY。

川合氏の作品雰囲気とぴったり合っており、いつも穏やかな気持ちで作品を鑑賞することができます。

f:id:tkhskor:20181201234929p:plain

シャンデリアが作品を優しい光でつつみます。奥にいるのが川合朋郎氏。

数年前、同ギャラリーで拝見したときの川合氏の作品は、広々とした青空を基調に「洞窟に住む人々」が哲学的に描かれていました。厳選された色味(水色と白)で描かれており、さわやかな空気が伝わって来るような作品でした。それはそれで素敵でしたが、ここ最近の川合氏の作品は「瑞々しさ」や「温かさ」が前面に現れるようになりました。

f:id:tkhskor:20181201232851j:plain

「家族愛」がテーマとして伝わってくる作品も多く、作品内に「愛情」「温かさ」、それらを通して見える「自然の美しさ」などが含まれているように感じました。

f:id:tkhskor:20181201233524j:plain

満点の星空が描かれている作品も。「冬空の美しさ」「愉快な人々」「炎の温かさ」など一枚の絵からいろいろなものを感じることができます。

 

f:id:tkhskor:20181201234148j:plain

展示名にもなっている作品、『やがて来る朝』

作品に変化があったのは川合氏を取り巻く環境が大きく影響していると思いました。

人生をステップアップし、環境が変わることで、より豊かさを内包する作品に進化してきたのだと思います。

f:id:tkhskor:20181201235039p:plain

丸いキャンバスに描かれた作品。赤い果実に手を伸ばす子どもの無邪気さが見てとれます。どことなく神話のワンシーンを思わせます。

 

先週レポートさせていただいた菊池氏の個展でも感じましたが、(記事は下記)

日々の感動を積み上げた色彩 「菊地雅文~ジャポニスムスム~」 - Art and Face

絵は年齢を重ねるほどに豊かになっていきます。それは画家の人間性が素直に作品に現れるからです。

私もできるならば、川合氏や菊池氏のように年齢を刻んでいきたいと思いました。

 

f:id:tkhskor:20181202102725j:plain

金色と濃い青があしらわれた作品は、油絵表現であるにも関わらず、日本らしさが感じられます。下地の透け感や筆さばきなども高度な技術が使われています。

技術レベルも高く、絵描きとしても参考になる作品ばかりです。

 

川合朋郎個展「やがて来る朝」は2018年12月7日(金)まで開催中。日曜日は休廊となるのでご注意ください。

詳細は下記ニッチギャラリーオフィシャルサイトに掲載されています。

NICHE GALLERY GINZA ニッチギャラリー - EXHIBITION

 

イルミネーションで輝く銀座にどうぞ繰り出してみてください。

 

 

立ち止まると見えてくる、 リー・キット展 「僕らはもっと繊細だった。」原美術館

11月の三連休最終日、私は東京・品川の原美術館に訪れました。開催中のリー・キット『僕らはもっと繊細だった。』の鑑賞のためです。
同館に来たのは、2015年5月に開催されていた『サイ トゥオンブリー:紙の作品、50 年の軌跡』以来なので、3年半ぶりになります。
この美術館、元は実業家原邦造の邸宅として建設(1939)されたため、独特の雰囲気があり、どの美術館にもない魅力を孕んでいます。

f:id:tkhskor:20181125165440j:plain
入り口の看板

リー・キット『僕らはもっと繊細だった。』は映像を効果的に使った素敵なインスタレーション作品でした。
部屋(空間)全体を一つの作品として使用しているため、作品数は多くありませんが、時間をかけて鑑賞できる作品が多いので見応えは十分にあります。



f:id:tkhskor:20181126211552j:plain

5分程度の映像が多く、途中はっとする仕掛けもあるので、10分程度は一つの作品に向き合うことをおすすめします。何度か視点を変えてみて鑑賞してみても新たな発見のある展示でした。

f:id:tkhskor:20181125181509j:plain
よく見ると映像に仕掛けがあります

また原美術館の雰囲気をよくとらえて作品が作られており、「ここだけでみられるリー・キット作品」でした。
原美術館は常設もなかなか見ごたえがありますが、今回はあえて常設展示を目にいれないように回りました。
リー・キットと美術館の、二つの世界だけを楽しみたかったからです。
f:id:tkhskor:20181126013048j:plain

私が訪れたときにちょうど、ギャラリーガイドが行われていたので、解説を聞きながら展示を回ることができました。学芸員のお話がお上手でいろいろ裏話なども交えながら解説してくれました。

f:id:tkhskor:20181125170628j:plain
ツアーは事前予約など必要なかったため、飛び入りで聞くことができました

裏話の一つに、リー・キッドは作品をかける場所を色々検討しながら展示方法を決めていったとのことで、試行錯誤中に開けた釘穴がところどころそのままの状態で残っているとのこと。

またリーキットは、より作品をよく見せるために、原美術館の道や展示室に壁の増設をお願いしたとのこと。
こだわりがありつつ 、偶発的に生まれた余韻を大切にしている感じもあり、素敵だなーと思いました。

色々良いところや勉強になったことは多い展示でしたが、
正直、生でみないと伝えられない展示です。
他ではみられない展示なので、ぜひ会期中に足を運んでみて欲しいです。

f:id:tkhskor:20181125170638j:plain
映像作品と私の手。仕掛けの確認をしています。

f:id:tkhskor:20181126013048j:plain
美術館の特徴をよく捉えた作品が多く、ここでしか見られない感じ満載でした。



絵画作品としても好きです。


f:id:tkhskor:20181126211910j:plain

日々の感動を積み上げた色彩 「菊地雅文~ジャポニスムスム~」

f:id:tkhskor:20181121204138j:plain

作家の菊池氏。面白くておしゃれな方です。

秋の寒さが増し、冬の装いをまとい始めた11月21日。私が定時ピッタリに会社を抜け出し、足早に向かった先は菊地雅文個展「ジャポニスムスム」(東京・京橋:アートスペース羅針盤)でした。 

個展名はフランス語の「ジャポニスム」に由来しています。

ジャポニスムは、主に19世紀後半のヨーロッパで、日本の美術工芸に影響を受けたデザインや絵画作品に対して使われる美術用語)

これはジャポニスム作品に菊池氏が影響を受けてきたことに対して、感謝を込めてつけられたそうです。(菊池氏のフェイスブック情報より)

 

菊地氏の作品はスッと気持ちに入ってくるにも関わらず、作品をじっと見つめると、積み上げてきた工夫や経験がじわりと伝わってきます。

菊地氏が日々感じ、見つめてる景色はきっと明るく美しいのでしょう。そんなふうに思わせてくれる作品ばかりでした。

 

作品を拝見してる間、菊地氏は

「若いころに画家を目指して挫折して、辞めてしまう人が多いけれど、そんなの変だ。

大人になるまで続ければ、それだけいいものが描ける。だって積み上げが違うもの」

とのこと。

これは本当に同感です。いろいろな人生を積み重ねて、絵に還元したら本当にいい絵が描けると思います。菊地さんの絵はまさにその積み上げを感じさせてくれました。

 

素敵な作品ばかりでしたが、私が得に気に入ったのは

「筆立て」


f:id:tkhskor:20181121203138j:image

私も家で絵を描くので、バケツや空き瓶に筆をよく立てかけていますが、リズムカルに美しく、モチーフの雰囲気もそのままに、絵にされており、とても勉強になりました。

それにしても値段がリーズナブル。飾りやすくて、美しい作品が、2万以内でも購入可能。部屋や玄関にかざさりたくなるような素敵な作品。

f:id:tkhskor:20181121203441j:image

どれも素敵で気持ちも元気になるような個展です。たくさんの人が訪れてくれることを願います。


f:id:tkhskor:20181121204202j:image

 

「菊地雅文展 ~ジャポニスムスム~」
日時:2018年11月19日(月)~24(土)

http://www.rashin.net/2018/03/index001133.php#kaijo

11:00~19:00 (最終日は17:00閉廊)

場所: アートスペース羅針盤
 東京都中央区京橋3-5-3 京栄ビル2F

 

※2018年12月2日に表現を少々見直し、記事を修正しました 

 

水彩作品が輝き出す。個展「シグナルとエモーション」

「Art and Face」管理人の作品を大磯「今古今」で展示させていただいております。

f:id:tkhskor:20180616155635j:plain

 

f:id:tkhskor:20180616153800j:plain


3年ぶりに、個展を開催させていただいております。

場所は大磯・今古今(こんここん)。※概要は記事最後に掲載しています。

この展示、自分でいうのもなんですが「すごく良い展示」です。

額に入れて、ライトをあてた私の作品たちは自分たちを表現できる場所を見つけたようにとてもきれいに輝いています。

f:id:tkhskor:20180616153845j:plain

f:id:tkhskor:20180616154421j:plain

今古今のコーヒーやケーキ、定食は絶品です!私の作品を鑑賞しながら、今古今でおしゃれなひとときをぜひ過ごしてください。

f:id:tkhskor:20180616154504j:plain

併設されているレストラン日日食堂にも油絵を飾らせていただいております。

 

 

展示詳細下記です。
【会場について】
http://conccon.com/sakuraisan/
会場:今古今(日日食堂) 休館日 : 毎週月火 開館時間 : 11:30ー21:00
*上記休館日以外でも、急遽休館する場合があります。 *今古今に併設の日日食堂の営業時間帯は、上記時間と異なります。 HP をご確認の上、ご来場下さい。http://conccon.com

【展示について】
櫻井香織作品展
6/6(水)ー 6/23(土)
シグナルとエモーション
~感じる信号と溢れる感情~
植物も空も雲も花も鳥も魚も石も、みんな 何かのシグナルを発信している気がしてい ます。そんな様子を自分の想いに素直に描 いた作品を集めた個展です。

表参道で開催していた会田誠展に行ってきました


f:id:tkhskor:20180226223254j:image

2018年2月24日に、東京表参道(東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビルB1F/B2)で開催されていた会田誠展『GRAND NO PLAM』に行ってきました。

会期は2018年2月10日(土)~24日(土)と二週間しか開催されない非常に短い間展示でした。また入場は無料の展示でした。

開催場所もギャラリーというより「ビル内」という雰囲気の場所でなんとも変わった展示でした。

 

また作品はなんとも形容しがたく、美術展なのかプレゼンなのか、インスタレーションなのか形容しがたい。

会田誠さんが日々考えたり、思ったりしたことを綴ったような展示でした。

 

私は元々会田誠さんの作品が嫌いでないです。『この作品グロテスクだな』とは思うことがありますが、真摯なコンセプトをもっている作家さんだと思っています。

 

会田誠には、例えば谷川俊太郎の『二十億光年の孤独』と同じ思考の落とし方があるとかんじます。

『難しいことを考えて、悲しいことを悲しんで、おかしいことに疑問を抱いて、すごくいろいろ感じて、最終的には大きな問題を自分の手の中で解決できるシンプルさに落としてくる』

会田誠さんはそういう作家だと思っていて、そういうところが好きです。

『難しいことを難しくしない』

『難しいことは自分にわかるように作り直す』というところもあるように思います。

そういう人は真摯だと、私は思います。

 



 

 

 

 

様々な作家と出会え、鑑賞できるグループ展 『Tomorrow ABSTRACT 』

銀座のギャラリーQにて2018年2月5日(月)-2月10日(土)まで開催されていた『EXHIBITION ARCHIVES 2018 Tomorrow ABSTRACT 展』に行ってきました。

f:id:tkhskor:20180218111606j:plain

 出展作家は

大塚 弓絵さん・大矢 侑輝さん・片山 摩利恵さん・内藤 瑞樹さん・沼田 浩一さん・橋野 友希さん・林 正伸さん・望月 厚介さん・有美子さんの9名。『Tomorrow ABSTRACT =明日の抽象』というだけに、抽象画が多く出品されていました。

私は出品作家の有美子さんから展示のお知らせを頂き、最終日の10日に作品を拝見してきました。有美子さんの温かい作品に感銘を受けると共に、油絵の可能性に気づかせてくれるような作品にも出会うことができました。また、展示はとても賑わっており、私が訪れていた二時間ほどの間に何人もの人が入れ替わっていました。

 

グループ展とはなにか

まずグループ展について私の知っている範囲でお話しようかと思います。

グループ展とは複数の作家が作品を出品し展示を行うことです。

通常4名から10数名くらいの規模をグループ展というかと思います(3人だと3人展、2名だと2人展と呼ぶことが多い気がします)。

グループ展の開催経緯としては、例えばギャラリーが過去出品した作家に呼び掛けたり、サークルや同級生など個人的な付き合いのある人たちがグループを組んで開催するなどという例が多いかと思います。

※詳しくはもう少しじっくり調べて「グループ展について」という記事を後ほど作成してみようかと思います。

 
f:id:tkhskor:20180219083202j:image

情熱に生きるアーティスト・有美子

まずピックアップするのはもちろんアーティスト有美子です!

彼女は私の多摩美術大学時代の友人であり、今でもアートについて話せる貴重な存在です。私だけではなく、彼女からパワーや刺激を受けている人は多いのではないかと思います。彼女は在学中からアート活動などに活発でその存在は大学内でも有名でした。

彼女は見ためこそキュートですが、人と臆せず垣根なく接する人柄で、その情熱と真面目さで相手も自分も成長させることのできる人でした。いつも力強いエネルギーに満ちています。

f:id:tkhskor:20180217125705j:plain

自分の想いに真っ直ぐな彼女は、大学卒業から6年が経った今でもアートへの情熱に溢れています。そんな彼女が本展に出品した作品からは、彼女が元々持つ情熱と大人の優しさを感じることができました。

 

f:id:tkhskor:20180217131940j:plain

 

 

f:id:tkhskor:20180218111516j:plain

『月が綺麗ですね』油彩・カンパス サイズ:220×273  制作年:2013

 

 

f:id:tkhskor:20180218111152j:plain

『○?△?◻︎?』木枠・アクリル絵の具・毛糸 サイズ:455×380  制作年:2018 

 

f:id:tkhskor:20180218111340j:plain

『かつて人間は丸かった/ドゥローイング』紙・鉛筆・クレヨン サイズ:310×260 制作年:2018

 

f:id:tkhskor:20180218111307j:plain

『かつて人間は丸かった/ドゥローイング』紙・鉛筆・クレヨン サイズ:310×260 制作年:2018

f:id:tkhskor:20180218111108j:plain

『かつて人間は丸かった』

 紙・鉛筆・クレヨン サイズ:1000×1000 制作年:2018

 

『かつて人間は丸かった』は枠の色がピンクになっており、白壁に反射しているところが可愛らしい作品でした。

本人に作品について教えていただいたところ

『かつて人間はまるかった』はギリシャ神話のアンドロギュノスをモチーフにした作品とのことでした。

アンドロギュノスについては下記のサイトに詳しい説明が載っていたのでリンクを貼らせていただきました。

ギリシャ神話とアンドロギュノス

(Hatopia 鳩子のホームページより)

有美子さんは、去年からこのアンドロギュノスをモチーフに制作をされているそうです。「人と人が引き合う強さを表現したい」というコメントをいただきました。

 

また夏目漱石の「I love you」の翻訳をタイトルに置いた作品『月が綺麗ですね』は2013年制作の比較的、年数が経った作品ですが、アンドロギュノスの2人の間に流れる空気は、きっとそういうものだろう…という理由で今回の展示に出品されたそうです。

初めは気づかなかったのですがピンクで「好き好き大好き」と書かれていて、「これはパッションに溢れた作品だったのか」と納得がいきました。

 

また『○?△?◻︎?』という少し変わったタイトルの作品は、

「本当はほぼ同じ長さの紐が、お互いに影響を与え合って、○っぽく見えたり、△っぽく見えたり、◻︎っぽく見えたりしてる作品。社会の中で人間がどう見られているのか…。実は、こういった感じ(本当はほぼ同じものなのに、お互いへの影響で違って見える)ということではないか?」と思われた作品ということでした。

 

作品について教えていただき、私は

「「愛」について、「生き方」についてこの展示は有美子さんが日々の中で考えていることが作品にダイレクトに現れてるのだな」と感じることができました。

 

 

沼田浩一さん『見つめあう季節』に感銘

 

f:id:tkhskor:20180217132540j:plain

『見つめあう季節』

油彩・カンバス サイズ:各227×158 

 

またアーティスト沼田浩一さんの作品も私は個人的にとても好きでした。油絵をフラットに重ねた色味が美しいと思いました。

f:id:tkhskor:20180217133710j:plainf:id:tkhskor:20180217133728j:plainf:id:tkhskor:20180217133826j:plain

 

下地の質感も美しく、一見シンプルな作品ですが、こだわりがそのまま魅力になっている絵画でした。

やはり私は油絵好きの人間なので、このような作品をみると感銘を受けます。

油絵の宝石のような輝きと、透明感をしっかりと感じさせてもらいました。

 

そのほかにも、素敵な作品が多く、また一人ひとり個性豊かな展示でした。

たくさんの作家の中から、自分好みの作家さんを見つけるのもグループ展の楽しみ方だと思います。

f:id:tkhskor:20180217142536j:plain

f:id:tkhskor:20180217142542j:plain

f:id:tkhskor:20180217142549j:plain

 

 

オラクルカードで未来を占う有美子

展示を拝見したあと、友人数名でランチにいきました。

その際、有美子さんが各自に占いをしてくれました。

f:id:tkhskor:20180217135433j:plain

しっかり占いたいことと連動したカードの引きに驚きました。

そして有美子さんの占いの解釈も素晴らしく、

アーティストであり、占い師であり、ベリーダンサーな「有美子」の可能性を改めて感じました。

_____________________________________________________________________________

有美子(Yumiko)   Profile

1986 三重県生まれ

2012 多摩美術大学絵画学科油画専攻 卒業

2014 多摩美術大学 大学院油画専攻 修了

 

グループ展 

2007   「火星人の森」 HEROITOUSTUSIO美術研究所、三重

2008 「しりとり展」多摩美術大学、東京

   「via art2008」シンワアートミュージアム、東京

2009 「marble & marble 展」多摩美術大学、東京

   「marble & marble 展」ギャラリーQ、東京

   「第7回尾道帆布展」立花自然活用村、広島

   「生展」多摩美術大学、東京

2011 「one of all all of one 展」 3331 アーツ千代田内、東京

   「39アート展」 Gallary 工房 ”親”、東京

2012 「第35 回東京五美術大学卒業制作展」国立新美術館 、東京

   「2011 多摩美術大学美術学部卒業制作展」多摩美術大学、東京

     「39advance展」Gallary 工房 ”親”、東京

   「460人展」 矢田市民ギャラリー 、愛知

   「etteda2012 」 ミョンドンギャラリー、ソウル

2013 「etteda2012 」TEMPORARRY CONTEMPORARY GALLARY、東京

   「闇に見る」展 Gallary 工房 ”親”、東京

   「on paper] 展 多摩美術大学大学美術館、東京

2014 「第37回東京五美術大学卒業制作展」国立新美術館 、東京

         「少しあかるくなる展」相模原市民ギャラリー、神奈川

   「2013 多摩美術大学博士前期課程修了制作展」多摩美術大学、東京

            「30 voice,30 variations」Gallary 工房 ”親”、東京

   「99人展」ギャラリーQ、東京

   「第6回三井不動産商業マネジメント・オフィース・エクスビション」

                       浜町センタービル、東京

2015 「99人展」ギャラリーQ、東京

         「SUPER OPEN STUDIO」アトリエボイス、神奈川

2016 「津の街を描く展」津リージョンプラザ、三重

     「99人展」ギャラリーQ、東京

     「SUPER OPEN STUDIO」アトリエボイス、神奈川

2017 「The Inside 展」ギャラリーQ、東京

   「99人展」ギャラリーQ、東京

   「SUPER OPEN STUDIO」アトリエボイス、神奈川

   「Heartwarming2017展」ギャラリーQ、東京

 

Residence

2009 「Regreen Arts!2009〜風の谷へ」、山梨

   「第7回尾道帆布展」立花自然活用村、広島

 

Awords

2012 「2011 多摩美術大学美術学部卒業制作展」、福沢一郎賞

2016 「津の街を描く展」、平治煎餅賞

 

 

(2018年2月現在)